有酸素運動について

28歳の♂が魅せる、男の意地のダイエットサイトです。
とおーい昔の学生の頃の、お腹は割れてスマートだった過去を取り戻すために自転車にまたがり颯爽と
毎日漕いで半年、ついに体脂肪率10%前後と割れた腹筋を手に入れました(予定)

ダイエットの記録 ダイエットの基礎 自転車の基礎 プロフィール

トップへダイエットの基礎 ≫有酸素運動について

有酸素運動について

ダイエットの基本となる有酸素運動についてまとめておきます。

有酸素運動で使用されるエネルギーは
・糖質
・脂質

この2点ですが、時間の経過とともに脂質の割合が増えてきます。
まず、運動初期に使われる筋肉は速筋と遅筋が使用され、速筋のエネルギー源は糖質で、遅筋のエネルギーが脂質になります。
時間が経過すると、速筋の役割が徐々に遅筋にシフトし、消費するエネルギーは脂質が大部分を占めます。

さて、糖質と脂質は血液の中から最初のうちは運ばれてきますが、血液の中の脂質は無尽蔵にあるわけではありませんからどこからか運び込まれてきます。そのどこかは、体脂肪と呼ばれる皮下脂肪や内臓脂肪から取り出されてきます。
この部分から取り出されるようになれば、ダイエットの一歩となります。
それで、体脂肪が分解されるようになるまでには、ある程度の時間が必要で、巷では20分ぐらい運動をしてから分解の効果が高くなるとされています。

よってダイエットのための運動なら20分以上するのが効果的になります。

んがしかし、私はこの20分以上という運動に関してそれほど気にしていません。
理由なんですが、運動をすれば血液中の脂質がエネルギーとして消費されます。その消費された脂質を血液の中に再度補充するためにどこからか持ってこなければなりません。それが、食事なのか体脂肪なのかはわかりませんが、どこかの脂質は減ってくれるんだろうと思っています。減ってくれた場所が体脂肪だったらいいなと思いながら運動しています。
あれこれ、計算しながら運動するよりも大雑把に考えてやるのが私は楽なため上記のように有酸素運動は20分以上しなければ意味がないので、20分以下の運動はしないとは思いませんね。

なにを言いたいかわからなくなってきましたが(文章って難しい^^)
・有酸素運動が脂肪を燃やす
・有酸素運動は20分以上やると効果的だが、運動することに意義がある
この2点が私の運動によってダイエットするときの指針となっています。

« 運動について | トップへ | 食事制限ダイエットの罠 »