自転車の種類はどんなのがあるの?

28歳の♂が魅せる、男の意地のダイエットサイトです。
とおーい昔の学生の頃の、お腹は割れてスマートだった過去を取り戻すために自転車にまたがり颯爽と
毎日漕いで半年、ついに体脂肪率10%前後と割れた腹筋を手に入れました(予定)

ダイエットの記録 ダイエットの基礎 自転車の基礎 プロフィール

トップへ自転車の基礎 ≫自転車の種類はどんなのがあるの?

自転車の種類はどんなのがあるの?

初心者はクロスバイクから入るといいと思います。それから、ロードバイクに目覚めるかマウンテンバイクに目覚めるかはライフスタイルに応じてどぞー
私はランドナーという長距離用のバイクがほしかったりしますが、もうランドナーは希少種かもしれません。


ロードバイク

ロードバイク

素人お断りの玄人向けの自転車です。
ロードバイクは舗装された道を高速に走るためにつきつめられた自転車です。
そのため、カゴや泥除けなどの付属品を装備せずにとことん軽量化にこだわって作られています。
特徴として、スピードを出すために細いタイヤを履き、ハンドルは独特の形状をしています。国際レースの最低車体制限が6.8kgと驚異的な軽さ。
最近では、ロードレースに限らず、通勤通学用のロードバイクも販売されてきていますので、スピード重視の方は一考する価値はあります。自転車にはまると必ずほしくなりますから最初からロードバイクもありかもしれません。


マウンテンバイク

マウンテンバイク

どんな悪路でもどんとこいなバイク。
林道や山道などの未舗装路を快適に走るために作られた自転車です。
そのため、車体の前後もしくは両方にサスペンションがつけられ、凸凹道でも難なく走行することが可能となっています。ハンドルは、安定性から棒ハンドルとなってます。
ロードバイクやママチャリで走行可能な道は、当たり前ですが走行可能ですが、山道などの悪路はマウンテンバイクのみが走行可能という特徴があります。
しかも、タイヤを細いタイヤに履き替えれば、クロスバイクに大変身でき、幅広い利用方法があります。


クロスバイク

クロスバイク

初心者お勧めで、価格帯も安くて乗りやすいタイプがたくさんあります。
ロードバイクとマウンテンバイクの両者の特性を合わせたバイクです。両者をクロスオーバーさせたためクロスバイクと呼ばれています。
特徴は、ロードよりな場合は、スピード重視な構造をしていますが、マウンテンバイク寄りだとサスペンションが付いている場合など様々な形を持っているのが特徴です。
ハンドルは一般的に棒ハンドルとなっています。あと、タイヤはママチャリよりも一回り小さいタイヤとなりスピードが出やすく、安定性もあります。
価格帯が安く、自転車を始めるにはちょうど良い価格帯に豊富な種類のバイクがあり、どれを購入しようか迷ってしまうのも楽しいです。


ランドナー

ランドナー

長距離専用の自転車です。
日本では日帰り旅行や2,3泊のツーリング旅行用として定着したらしいですが、最近では衰退というかマウンテンバイクで十分じゃね?という感じで存在が忘れ去られようとしています。
私も自転車にはまるまで存在は知りませんでした。
まだ、数社ぐらいのメーカーが作成しているらしいですが、ダイエット向けでもないし、知る必要はないかもしれません。旅行好きなら一考してみるのも面白いかな?


電動自転車

電動自転車

坂道のライバル自転車。
意外とダイエットにも効果があります。特に筋肉をつける気がない人なんかはいいと思いますよ。理由は坂道で力を入れなくても電力の補助で登れますので、ずっと有酸素運動になりますからね。
だがしかし、価格が高い。。。


折りたたみ自転車

折りたたみ自転車

持ち運びラクラク。
小回りが利き、ちょいとした移動に便利な自転車です。
最近では軽量化が進んでいますので、電車と組み合わせて使用すると意外と行動範囲が広がります。
また、タイヤが小さい分、漕ぎだしの力が少なくて済みます。



ママチャリ(シティサイクル)

一般向けの自転車。
スポーツタイプの自転車に乗ると、もう戻れません。
唯一のメリットは価格が安いってことです。


タンデム

タンデム

複数人でのる自転車。
まず見かけたことがない自転車ですが、複数で漕ぐ事ができ、空気抵抗は一人分なため効率な走行ができるみたいです。
一般的に二人乗りで夫婦で乗ることを前提にしているようなので、後ろのサドルのほうが低い。また盲目の人も自転車に乗る事が出来るのはいいことですね。

BMX

WethepeopleArcade18BlackBMX2009.jpg

20インチ径ホイールを持つ競技用自転車。
タイヤ径が小さく、競技に不要な部品はほとんどないため街乗りには不慣れな自転車です。
んがしかし、よく広告なんかの動画でくるくる回ってる自転車をみると欲しくなるんです。


トップへ | タイヤ »