ハンドル

28歳の♂が魅せる、男の意地のダイエットサイトです。
とおーい昔の学生の頃の、お腹は割れてスマートだった過去を取り戻すために自転車にまたがり颯爽と
毎日漕いで半年、ついに体脂肪率10%前後と割れた腹筋を手に入れました(予定)

ダイエットの記録 ダイエットの基礎 自転車の基礎 プロフィール

トップへ自転車の基礎 ≫ハンドル

ハンドル

乗り心地に直結するハンドルの説明です。
。。。いまだにドロップハンドルの握り方がわかりません。

ドロップハンドル

ドロップハンドル ロードバイクなどの競技用の自転車によくつけられているタイプです。
最近では、一般の人も街乗りでつけている人が増えています。
ハンドルの形状が横から前方に出てグニャリとまわっているのでブレーキの位置が一般のハンドルと違い戸惑います。
ドロップハンドルの利点は、さまざまなハンドル操作ができ、上り坂や下り坂、長距離などで姿勢を変えることができ疲れにくいというメリットがあります。


フラットハンドル

フラットハンドル 別名:棒ハンドルとも呼ばれ、まっすぐな形状をしたハンドルです。
扱いやすく、シンプルな構造で安上がりなハンドルです。


ライザーバー

ライザーバー フラットハンドルの両端に曲がりをつけて若干上げたハンドルです。
多くのマウンテンバイクやクロスバイクなどに採用されています。
ちなみに私の自転車もこいつです。


クロスバー

クロスバー ライザーバーの持ち上がり具合をさらに大きくしたハンドルです。
BMXという自転車専用のハンドルでもあります。


ブルホーンハンドル

ブルホーンハンドル ハンドルの両端が前に出ているハンドルです。
雄牛の角をイメージすることから名前が付けられました。
主にトライアスロン用のエアロバーと併用で使われます。


アップハンドル

アップハンドル ママチャリのハンドルです。
ちゃんとした名前は今まで知りませんでした。


« 変速機 | トップへ